YUSUKE NAKAMURA.net

会田 誠美術家
中村さんとは雑誌の対談でお会いしました。多くの人がそう思うでしょうけれど、作風と本人のギャップに、最初少々驚きました。あの繊細で浪漫主義的な代表的作風と、饒舌で明るい関西弁のギャップ。それから感覚的作風に反して、考え方がけっこう論理的とも思いました。しばらく話すうちに「ああ、これほど多彩な仕事をたくさんこなしている人なら当然だ」と納得しましたが。僕のために描いてくれた、真ん中刈り上げの「あぜ道」もさすが!と思いました。なんというか、反射神経が良いんでしょうね。
石黒正数漫画家
かっちりしてるようで踊ってる。単調なようで破天荒。真面目に見えるが非常識。
感嘆か羨望か嫉妬かわからんけど、佑介の絵を見てるとホンマに心がザワザワするわ!
石田衣良小説家
懐かしくて、新しい。
中村佑介のイラストは、いつもぼくたちを、
ちいさなセンチメンタルジャーニーに
連れていってくれる。
江口寿史漫画家、イラストレーター
理路整然とした叙情。完璧にデザインされたチャーム。数値化された少女の憂い。
これをやりきってこれほどの心地良いポップ世界を創り出すのは、
至難の技にも程がある、ある種、無謀な行為です。
中村佑介はいつも果敢な挑戦者だと思います。
きのこ頭のにまにました頑固一徹者です。
皆さんいい本を買いましたね。みんなで佑介について行きましょう!
岡田斗司夫評論家
中村佑介はイラストレーターではない。
アーティストだ。
この場合のアーティストとは「現代芸術家」という意味。
彼の世界は21世紀の浮世絵、と捉えると一気に捉えやすくなる。

アートの成立条件はいろいろあるけど、中村君の絵は「模倣できそうで、できない」「誰かが今までに描いていそうで、誰も描いていない」という、かなりど真ん中の条件を満たしている。

とりあえず、できるだけ早くパリかニューヨークで個展を開くこと。
そういうジャンルの作家なんだ、と周囲も扱うこと。
柏木由紀AKB48・NMB48/アイドル
中村佑介さんの作品は、見ていていろんな想像を膨らませてくれます。
人それぞれいろんな楽しみ方の出来る中村さんのイラストはいつも見ていてワクワクします!
上條淳士漫画家
「ぼくね~、安藤忠雄になりたいんですよ。」
「髪型だろ(笑)!」
またはじまったよ。と思った。
うそぶいたり、ハッタリかましたりするのは中村佑介の戦法だけど…まてよ。この人はしかし、そういう言葉のなかにコッソリ本音を忍ばせてもくる。
中村佑介は「イラスト界の~」と形容されることを嫌う。
イラスト集が普通にコンビニに置かれている状況を祈る。
弁当屋のおばちゃんが、普通にイラストレーターの名前を口にする世界を願う。
そうなのだ。
それが中村佑介が描くイラストレーターの在り方。
そしてそれが出来るはずです。
あなたはスターなのだから。
そんな中村佑介の『NOW』←今ココ。
木村 豊CENTRAL67/デザイナー
レイヤーの向こう側に何があるんだろう?と、仕事で中村君のイラストが送られて来る度、沢山のレイヤーをかきわけて直に覗ける(文字通りデスクトップ上で)のが毎回楽しみです。
コザキユースケイラストレーター、キャラクターデザイナー、漫画家
歩いてきた道は全く別のはずだし。血の繋がりが有るはずもなし。「不思議な絵描きさんだなー」「同じ名前かー」「同い年か!」「趣味も一緒か!」と掘れば掘るほど共通点の見つかる不思議な中村さんと僕との関係。絵柄はまったく別なのですが、世代を越える事のできる“普遍性”という、創作の根底に見据えてるものは一緒なのです。絶対何かあるよこれ。画集を穴が空くほど見つめて、ヒントを探したいと思います。
後藤正文ASIAN KUNG-FU GENERATION/ミュージシャン
新しい画集の発売おめでとう。
何か気の利いたコメントを出したいのだけれども、なんだろう、上手く言葉がみつからない。
それは、自分のバンドのメンバーへメッセージを送ることに似ていて、どこかに気恥ずかしさを抱えているからだと思う。
でも、この画集に一言添えるとしたら…

僕は初めて君の絵を観たときから、今でも変わりなく君の才能に心酔し続けている。

なんて言うキザな言葉かしら。
これからも楽しみにしています。
小宮山雄飛ホフディラン/ミュージシャン
色々な画や音楽、カルチャーに影響されて出来上がっていったであろう中村くんの画。
今度はその中村くんの画に影響された画や音楽、カルチャーが出来上がっていく。
そうやって、つながってつながって、この世の中は熱くなってくんだと思います。
近藤ようこ漫画家
ロマンチックで少し寂しそうな絵が気になっていたら、
いつの間にか時代のスタイルになっていました。
さだまさしシンガーソングライター、小説家
『中村佑介さんの天睛』

2013年の『天睛~オールタイム・ベスト~』というアルバムのジャケット・イラストを快く引き受けてくれた中村さん。その作品が出来上がってきたときの衝撃。 微に入り細に亘り神経の行き届いた心憎いほどの演出と、愛と、サービス精神に腰が抜けました。
「惜しまない」凄みと「楽しんじゃう」凄みが日本中に伝わってアルバムは大ヒット。「全曲持ってるのに買っちゃったよ」僕の友人はみんなそう言います。
つまり中村さんのお陰です。
「力がある」というのはそういうことです。世代を超えて胸に響くのです。そして時代を超えてゆくのです。
中村さんの力こそ『天睛』です。また一緒に良い仕事がしたいですね。
本当にありがとう!
柴崎友香小説家
夢みたいな世界を緻密に作り上げている線にこめられた熱量と執念に、いつも見入ってしまいます。楽しい。
鈴木 央漫画家
隣の席にいるんだけど話せない、話したいけどそれができずにチラチラと横顔を見てしまう、でもやっぱり話してみたい、隣の席の可愛い娘感を出せる中村さんは天才!!
高田明美キャラクターデザイナー、イラストレーター
日本の伝統を感じさせながら、それでいて新鮮な中村佑介さんの絵。どうやって描かれたものか、Twitterで惜しみなく語られるその創作の秘密を興味深く拝見しています。多方面への活躍が網羅された一冊、ファンの方のみならずイラストレーターを志す人にも、きっと大切なエッセンスが詰まっていることでしょう。
田中 潤ゲントウキ/ミュージシャン
画集、第2弾発売おめでとう!
Japan Expoへの出展を知った時、本当に嬉しかった。
中村佑介の世界は唯一無二で、同時に普遍性がある。
僕は諸行無常という言葉があまり好きじゃないのだけれど、
今、日本は諸行無常であふれかえってる気がするのだ。
やっぱ普遍性のあるものしか心に響かない。
そんな時代だからこそ、中村佑介の存在は貴重なのです。
今や日本の宝。
中村佑介の世界は永遠です。
玉置勉強漫画家
ニ冊目になる画集、おめでとうございます。
Twitter上で、イラストレーター志望の方々に対する
きめ細かでパズルを解くようなレクチャーを拝見し
ますます「頭の良い方だなあ」と思うようになりました。
今後のご活躍をお祈り申し上げます。
堂島孝平ミュージシャン
見えてなかったものを見せてくれる人。
僕にとっての中村くんは、そういう大切な人です。
能町みね子エッセイスト、イラストレーター、漫画家
中村佑介さんの絵は、パッと見て中村佑介の絵だと分かる。それなのに、見るたびに印象が違うことに気づいた。一枚一枚も、かなり違う。あるときはカッチリまじめに見えるし、あるときはもちろん美しく見える。あるときは中村さんに顔が全員似ていたりする。そしてさっき見たらすごいエロかった。今この瞬間に見てもたぶん違う。うれしい。
あ、私の大好きな和子荘の和室(当時の自宅)に来てくれてありがとうございました。そのときの絵も入っているのかな。うれしい。
林 静一漫画家、イラストレーター
『贈る言葉』

元気に活躍のご様子、何よりです。
中村さんは一九七八年に生まれておりますから現在、三十六歳ですね。あぶらののった年頃であり、雑用も含めて多忙になる時期です。
また、二十代では判らなかった自分の年代が、世界史の中に組み込まれ、歴史として自分を見つめる事が出来る年代でもあります。
人生百年の時代に突入しておりますが、身は人生五十年を生きております。そのズレに悩むことも多くなるでしょう。
五十歳が人生百年時代だと、二十五歳となってしまうのですから、中々納得がいかないのも無理はありませんが、七十歳を過ぎて揚々、あなたの仕事が歴史に組み込まれるのです。
焦らず、気長に仕事を楽しんで下さい。
また、いつか、お会いできる日が来たら、楽しい一時を過ごしましょう。
お元気で……。
兵藤聡司グリーンハウス/イラストレーター、デザイナー
コッテコテの濃ぃ~い要素が、これでもかっ!とテンコ盛り。
けど、ナゼかアッサリ画面に仕上がってるんです。
構成力と色使いがスゴイですよ~!
東川篤哉小説家
『謎解きはディナーのあとで』の第一巻の表紙となったイラスト。それを最初に見たのは、自宅のファクスにラフが届いたときのこと。まだ色も付いていない本当に下書き段階の絵でしたが、そこに描かれた影山や麗子の姿に感激した僕は、凄く嬉しくなってその絵を誰かに全力で見せびらかしてやりたい衝動を感じたものです(実際には、友達も恋人もいない僕は、その絵をひとりの部屋でニヤニヤ眺め続けるばかりでしたが……)。と同時に、僕はその絵を見ることによって、「ああ、影山や麗子ってこういう人たちなんだ!」と、自分の書いた主人公たちに初めて出会えたような新鮮な喜びと驚きを覚えたのでした。なにしろ、僕自身の中にすら影山や麗子についての明確なビジュアル・イメージなどまるで存在していなかったのですから(もちろん風祭警部に至っては言うまでもありません)。曖昧な活字世界の人間たちを形にし、色を与える作業が、どのような才能と努力によって成されるものであるか、絵心のない僕には想像もつきませんが、しかし、あの作品の主人公たちのキャラクターを最終的に決定付けたのは、間違いなく中村佑介さんのイラストの力でした。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました! そして画集刊行、おめでとうございます!!
平田 薫女優
画集発売、おめでとうございます。
私のお尻を至る所で褒めてくださっていたことがきっかけで、ブログのトップバナーを書いていただきました。
中村さんのイラストの中に自分が描かれているなんて贅沢です。各方面で羨ましがられて私はいつも自慢気です。
書いて頂いたイラストには、私が話した些細な事や、私のストーリーがギュッと詰まっていて本当に感動しました。
中村さんの第一印象はクニャーっとホワーッとしている癒し系キャラだと思っていたのに、その後お会いした時は、初めてお会いした時の印象が嘘みたいにリーダーシップと物事への的確さが鋭くてビックリしました。なんだかとっても不思議な方です。
イラストはもちろん、Twitterで伝える事の明確さ、言葉の表現まで洗練されていて、一人間、人生の先輩としてとても尊敬しています。
また、イラスト頂けるように、おしり、磨いておきます(笑)。
山田参助漫画家、イラストレーター、ミュージシャン
みんな中村さんの女の子を中心に観てらっしゃるかもしれないが、僕は氏の無機物の描写に惹かれる。 氏が手書きの線でビールのケースを描写した原画に接したことがあるのだけど、女の子以上の熱量を感じて「あ、こういう視点の人なんだ!」と驚いたのだ。
山田稔明GOMES THE HITMAN/ミュージシャン
通い慣れた本屋やCDショップ、不意に飛び込んだファッションビル等で、中村くんのイラストがその空間を駆けまわっているのを目にすると「お、やってるな。描きまくってるな」と思う。毎日とんでもない忙しさだろうと想像するのだけど実際に会うときの中村くんのフニャフニャとした人懐っこい感じが同時にオーバーラップしてきて僕はいつも「いいぞ、もっとやれ!中村佑介!」と思うのです。祝!『NOW』リリース。これからまた新しく始まる3つ目の季節の物語を中村くんがどう描いていくか楽しみにしています。
山本直樹漫画家
みんなも思ってることでしょうが、スタイリッシュで、エロくて、かっこいいです。ざっくばらんなご本人とのギャップもまたラブリーです。
米澤稔グリーンハウス/イラストレーター、デザイナー
中村くんのイラストを最初に見た時は、ビックリマンチョコのキャラクターが彼に影響を与えていたなんて全く思わなかったですね。むしろ林静一さんなどの少しノスタルジックな昭和のテイストを今の時代に上手くアレンジしたのかな?と感じていました。
彼とは雑誌のインタビューで知り合い、そのビックリマン愛に正直驚かされましたが、オタクなシールマニアでもないし…。やっぱり絵(キャラ)として楽しんでいたのかな?
シール1枚から小学生の頃に「人生経験」までを学んだとか、色んなエピソードを聞かせてもらい、様々な部分で彼の中にビックリマンシールと言うものが暗く根深く息づいているんだと(笑)。
良く見ると彼のイラストとビックリマンの共通点は、絵の隅々に「ネタ」が隠されている部分かな? これを探して何かを感じて楽しんでみて!…みたいな遊び心の部分かな? この画集のイラストの中にも彼の遊び心をたくさん見つけられます。
この先、イラストレーターだけでなくエンターテイナーとして幅広く活躍して行く気がしています。これからも良き「変な親子関係」(笑)で刺激し合えれば最高です。
わたせせいぞう漫画家、イラストレーター
ビックリ箱・万華鏡のような中村佑介君の絵は3次元であり、佑介君の脳は4次元であり、他の追従を許さぬ、次元の違う世界に存在している。

▲PAGE TOP